探偵業法について

突然ですが、皆様の探偵に対する「イメージ」とは何でしょうか?

なんとなく「怪しい」「怖い」など、グレーなイメージをもたれている方も多いと思います。

元々は、私も依頼する側の人間だったので、この様なイメージを抱えていました。

しかし、私自身そうも言ってられない状況に陥ってしまい、勇気をもって、とある探偵社に浮気調査の依頼をお願いしました。

 

そこで、私の探偵に対するイメージが180度変わる事になりました。

 

初めの問い合わせから、実際に面談の場でも、とにかく親身なって相談にのってもらい、昔からの友人と話している感覚になったのを覚えています。

結果的に私自身、優良な探偵社に出会えはしましたが、一方で、当時は悪質な業者がゴロゴロ存在していたのも事実です。

ですが、2007年6月に「探偵業法」が施行されて以来、ほとんどの悪徳業者が消えていったと認識しています。

 

あまり馴染みのない「探偵業法」とは何か?

 

簡単に説明すると、「国が、利用者を、悪徳探偵業者から守るために作られた法律」です。

これにより、「探偵になれる人」というものが制限されました。

他にも、探偵が「してもいいこと」「してはいけないこと」「必ずすべきこと」が、はっきりと決められ、きちんとした契約を交わす必要ができました。

結果、違法な調査や法外な料金を請求することができないという訳です。

 

ざっくりではありますが、少しでも参考にしていただければ幸いです。