離婚時の財産分与トラブル!

こんにちは!

シークレットジャパン千晃 矢野です。

 

皆さんは夫婦間で、財産分与に関する決め事はございますか?

おそらくほとんどの方が決め事なんか作ってないのが当たり前だと思います。

まず離婚を想定しての決め事なんかまずしませんよね?

そこで今回は、財産分与トラブルについて触れてみます。

 

妻の不倫が原因で離婚されてしまった元夫婦でのケースです。

当然のように夫は妻に慰謝料を請求しますが、逆に財産の半分の金額を妻に請求されてしまいます。

これだと夫側が不憫なのですが、離婚時の財産分与は義務なので、

夫は妻に財産の半分を払わなければなりません。

結婚後にできた財産はすべて共有財産のため、離婚時には財産分与の対象になります。

これだけで見ると夫側がかわいそうでなりませんよね!

これが仮に夫婦の一方が結婚前から所有している財産、もしくは結婚後に単独の名義で得た財産は

特有財産となり財産分与の対象になりません。

 

ではこのようなモメごとをどう対処すればいいかというと、一つは婚前契約を結ぶ方法があります。

車や家具、お金など誰が何を持っていくかということを、夫婦合意のもとで契約書を作成するというものです。

これは結婚後でも有効になります。

 

今回のケースでは、夫側は妻の不倫相手から慰謝料は取れます。

ですが離婚の原因を作ったという部分に関しては原則取れません。

もしも故意に夫婦の関係を壊そうとした場合を除いては、不倫相手から多額の慰謝料を取れるケースは少ないです。

 

外国では割と当たり前な婚前契約ですが、日本でも徐々に広がっていると聞かれます。

今、離婚の危機に迫っている方がいられましたら、自分の財産を守るためにも参考にしていただけたら思います。

 

慰謝料に関してはこちら